こんなときどうする

「のし」の書き方

寿

ことぶき

結納・結婚・長寿などのお慶びのお祝いに

お祝

おいわい

結婚・慶事のお祝い事

内祝

うちいわい

自ら祝う時・慶事や病気見舞等のお返しに

御贐

おはなむけ

結婚する花嫁に贈る又は旅立つ人に贈る餞別

寿福

じゅふく

よろこび事・祝事のとき

御慶

ぎょけい

目下の人には避けるお祝い事一般に使う

祝御結婚

しゅくごけっこん

結婚のお祝いのときに使う

御祝儀

ごしゅうぎ

祝いごとのときこころづけに使う

祝御安産

しゅくごあんざん

出産のお祝いに使う

祝御初雛

おんはつびなをしゅくす

女児雛節句のお祝いに。初雛御祝でもよい

祝御初幟

おんはつのぼりをしゅくす

男児端午の節句のお祝いに。初織御祝でもよい。

御初節句

おんはつせっく

端午、雛節句男女両方に初節句御祝でもよい

祝水晶婚式

しゅくすいしょうこんしき

結婚後十五年目の結婚記念日のお祝いに使う

祝金婚式

しゅくきんこんしき 

結婚五十年目の結婚記念日のお祝いに使う

祝還暦

しゅくかんれき

数え年六十一才になった時に行うお祝いに

寿古希

こきをことほぐ

七十才になったときに行うお祝いに使う

祝喜寿

しゅくきじゅ

七十七才になったときに行うお祝いに使う

賀米寿

べいじゅうをがず

八十八才になったときに行うお祝いに使う

祝皇寿

しゅくおうじゅ

百十一才になったときに行うお祝いに使う

祈御長寿

ごちょうじゅをいのる

敬老の日(九月十五日)等のお祝い

祝御栄転

しゅくごえいてん

官庁・会社等で格が上って転勤する人のお祝いに

祝御新築

しゅくごしんちく

家屋・ビルの新築又は増改築のお祝いに

祝御竣工

しゅくごしゅんこう

工事が終ったときのお祝いに使う

祝御開店

しゅくごかいてん

新しく店などを開店したお祝いに使う

祝御完成

しゅくごかんせい

物ごとが完全にでき上がった場合のお祝いに使う

祝御上棟

しゅくごじょうとう

上棟が終ってから届けるお祝いの金品に

奉祝除幕式

じょまくしきをいわいたてまつる

除幕式をお祝いするときに使う

奉祝建碑式

けんひしきをいわいたてまつる

石碑などをたてたお祝いをするときに使う

落慶記念

らっけいきねん

神社、仏殿等が落成したときの記念品などに使う

御中元

おちゅうげん

目上の家庭への贈物に使う

御餞別

おせんべつ

転勤や転居等の送別を惜しむ気持ちの金品に

寄贈

きぞう

品物を寄附するときに使う

祈御発展

ごはってんをいのる

会社、グループ、会の結成のときに使う

陣中御見舞

じんちゅうおみまい

選挙や競技会の事務所の激励に使う

祈御全快

いのるぜんかい

病気中に見舞うとき使う

快気祝

かいきいわい

以前と同じに回復してからのお祝いに使う

御水屋料

おんみずやりょう

茶会で亭主や社中に包むお金に使う

御部屋見舞

おへやみまい

会の催しなどで出演した人達を見舞うときに

入門料

にゅうもんりょう

稽古事の入門のとき師匠に包むお金に使う

命名料

めいめいりょう

赤ちゃんの名づけ親へのお礼に使う

撰名料

せんめいりょう

会社などの団体の名前を付けてもらったお礼に

揮染料

きせんりょう

書・絵画などを買いていただいたお礼に使う

御車料

おくるまりょう

お足代として礼金に使う

出火御見舞

しゅっかおみまい

火事の火元になった家への見舞に使う

類焼御見舞

るいしょうおみまい

隣家の出火でやけた家を見舞うときに使う

近火御見舞

きんかおみまい

付近で火事のあった家への見舞いに使う

御香典

おこうでん

霊前に供える香に代わる金銭の包みに使う

御霊前

ごれいぜん

葬儀で死者の霊前へ供える金品に使う

御仏前

ごぶつぜん

仏前に供える金品に使う

御供

おそなえ

法要に品物を供える場合に使う

御悔

おくやみ

不幸を見舞うときなどに使う

読経御礼

どきょうおんれい

読教を中心に僧侶をよんだ場合のお礼に使う

御回向料

おんえこうりょう

読教のお礼に使う

御礼

おれい

キリスト教の葬儀の神父や牧師へのお礼金に

御車駕料

おんしゃがりょう

法要等のお足代とし僧職の人に出す礼金

御足衣料

ごそくえりょう

お足代として僧職の人に出す礼金に使う

御布施

おふせ

僧侶が帰るときに小型のお盆などにのせて渡す

御香料

ごこうりょう

仏式でお供えする場合に使う

お花料

おはなりょう

キリスト教でお供えする場合に使う

御玉串料

おんたまぐしりょう

死者の霊前に供える榊の代りの金包みに使う

幣帛料

へいはくりょう

神道でお供えするお金に使う

御祭祀料

みさきりょう

神道で祭事をしていただいたお礼に使う

御祈祷料

ごきとうりょう

神前でお祈りをしてもらったお礼のお金に使う

粗供養

そくよう

法事の引物に使う

満中陰志

まんちゅういんし

死後四十九(三十五)日の喪の明けた志に使う

結婚式や、葬儀に、まず迷うのはお包みする金額です。

ひとつの目安としてご利用下さい。

また、慶弔どんな場合にも「4」と「9」は避けるのが最低のマナーとなっています。

結婚式ご祝儀

 

20歳代

30歳代

40歳代

50歳代〜

兄弟・姉妹

7万〜12万円

10万〜15万円

15万〜20万円

15万〜20万円

叔父・叔母

1万〜2万円

1万〜3万円

甥 ・ 姪

2万〜3万円

2万〜5万円

3万〜7万円

3万〜7万円

従 兄 弟

1万〜3万円

2万〜5万円

2万〜5万円

2万〜5万円

上 司

2万〜3万円

2万〜5万円

同 僚

2万〜3万円

2万〜5万円

2万〜5万円

3万〜5万円

部 下

2万〜3万円

2万〜5万円

2万〜5万円

3万〜5万円

得 意 先

2万〜3万円

2万〜3万円

2万〜5万円

3万〜5万円

友 人

2万〜3万円

2万〜5万円

2万〜5万円

3万〜5万円

葬式不祝儀

 

20歳代

30歳代

40歳代

50歳代〜

両 親

5万〜10万円

5万〜10万円

7万〜15万円

7万〜15万円

兄弟・姉妹

3万〜8万円

3万〜8万円

5万〜10万円

祖 父 母

5千〜2万円

1万〜2万円

2万〜3万円

2万〜5万円

叔父・叔母

5千〜2万円

5千〜2万円

1万〜3万円

2万〜5万円

甥 ・ 姪

5千〜2万円

1万〜3万円

2万〜5万円

従 兄 弟

5千〜2万円

5千〜2万円

1万〜3万円

2万〜5万円

上 司

3千〜1万円

5千〜1万円

5千〜2万円

5千〜2万円

同 僚

3千〜1万円

5千〜1万円

5千〜2万円

5千〜2万円

部 下

5千〜2万円

5千〜2万円

1万〜3万円

得 意 先

3千〜8千円

3千〜1万円

3千〜1万円

5千〜2万円

友 人

3千〜1万円

3千〜1万円

3千〜2万円

5千〜3万円

友人の父兄

3千〜8千円

3千〜1万円

3千〜1万円

5千〜2万円